結婚式の挙式や披露宴のスタイルの選び方のポイント


4つの挙式形式から検討しよう

華やかなドレスを身にまとって神父さんの前で愛を誓い合うキリスト教式、日本の伝統的な神前式スタイル、先祖と仏に結婚を報告する仏前式、または宗教関係なく自由度の高い人前式、挙式の形式は4つあります。信仰する宗教があればそれに合せた形式を選ぶのも良いですし、どの宗教にも該当しなくても、それぞれの挙式の形式の特徴をおさえて、2人の結婚の誓いの場所として適したかたちを選ぶようにしましょう。

また、参列者に配慮した結婚式場を検討することも大切です。ホテルや専門式場では問題ないことが多いですが、神社や教会では信者以外、あるいは親族のみしか参列できないという決まりがある結婚式場もあります。各挙式の形式の宗教に属さない場合であっても、宗教上のルールに配慮して謙虚な気持ちを持つことが大事です。

ゲストに合う披露宴のスタイルを選んでみて

挙式が終われば次は披露宴という流れが多いです。披露宴は親族をはじめ、日頃お世話になっている方や、親しい友人を招待します。来てくれた方々にパートナーを紹介して今後のお付き合いをお願いする場になります。披露宴のスタイルや料理、演出はどのようにするか悩むこともあるでしょう。披露宴は結婚式の招待客がどのようにすれば喜んでもらえるか、貴重な時間をさいて集まってくれたゲストのことをいちばんに考慮して計画をすすめるようにしましょう。披露宴のスタイルは、フルコース料理でもてなす着席タイプ、和気あいあいと食事やおしゃべりを楽しめビッフェタイプがあります。招待客の年齢層や顔ぶれに合うスタイルを選ぶとよいです。

名古屋の結婚式場は多くあります。それぞれの式場に特徴があり理想の結婚式を演出できる環境が整っているので人気が高いです。